トヨタのシエンタ(2009年式)を購入しました。
2009年の秋頃に新車で購入しました。

家族で使う車と言うこともあり、あまり中身にコストを加算しなかったので、総額で200万前後だったと思います。

残価設定が流行る前だったので、まだ5年60回払いのローンでした。

元々ファンカーゴを乗っていたのですが、環境の変化があり、祖父祖母を乗せる機会を考え、スライドドアのある車をと思ったのがきっかけです。

ポルテは容量が小さく断念しました。

決め手はスライドドアであることと、ママに運転しやすいというコンセプトの設計でした。

母は関節リウマチを患っているため、足を伸ばして運転する車はあまり得意ではありませんでした。
この部分は母が気に入り、採用に至りました。

実際に私も運転したのですが、確かに母の小柄さにも合う、座った状態でペダルに届く足回りのコンパクトさが光りました。

私にとっては狭く、運転しづらかったのですが、あまり意識せずに運転が出来るように配置されているのはワンポイントだと思いました。

グレードを特別仕様車にしたことで、左だけですがオートスライドドアが採用されました。
中からも開け閉めできますし、オートを解除し、マニュアルで開閉も出来ます。

両側にしておけばよかったかなと少し後悔しました。

以前のファンカーゴから時代も進化し、2009年のテクノロジーで全てが組み上がっているので、何もしなくても普通に走っているだけで維持費が下がっているのが目に見えて感じました。

今までもコンパクトなので安かったのですが、少し車格を大きくしても安かったので、そこはCVT様々だと感じました。

保険はディーラーがオススメしたあいおいに入っています。
3年間は等級が同じというプランにしています。

母はゴールドを長らく継続中なので、あってないような額の保険料になっています。
細かくは聞いてないのですが、普通の人が入る車両保険入りのコースだそうです。
ロードサービスもあるようですが、JAF会員なので、これはあってないようなものですね。

燃費は、14.2km/Lくらいをいつも出していたので、半分給油で3000円ほどでした。
当時の値段なので、今はもっと落ちているかもしれません。

6人乗りの車は、3列シートも入る分少しだけ長くなります。
若干の差ではありますが、車庫などに入れてみると違いに愕然としました。

今までOKだった幅だとNGになったからです。

3ナンバーや5ナンバーでも違ってくることもあります。
クラスチェンジする時は、一度ご自宅のスペースを確認されてみた方がよいかもしれません。